京都の約束プロジェクト



持続可能性と気候変動

ごいちです。

※そういえば、ここで説明してませんでしたが、このブログは京都の約束プロジェクトスタッフのうちのブログ係りとして、6人が変わるがわる書いていくことになりました。
誰が書いたかは、最後の(カッコ)を見てください。


さて、
持続可能な社会を創るために、今年は気候変動に注力すべきと僕は考えています。

そして、
持続可能な社会を創るために、持続可能性についての理解を広げようと
している僕が、なぜわっしょいしてるのか、ちょっとまとめました。

これを理解していただければ、僕との会話もスムーズになると思いますので、
ご参考までに。


=============

持続可能な社会を創るため、持続可能性の理解を広げるために
なぜ「わっしょい」が重要なのか?

■持続可能性の理解を広げる。「じぞひろ」
※じぞひろは、持続可能な社会を創るために必要なこと。
・「持続可能な発展」の理解のための良い事例になる。
・「持続可能な発展」の理解のための良い機会である。
・気候変動より幅広い持続不可能性へ問題意識を持つ機会になる。
・他人を動かす自分(ごいち)の本気感になる。

■持続可能な社会を創る。「じぞつく」
・日本社会が自ら変わる体験になる。
・日本ならびに国際社会が持続可能な発展のための協働の俎上ができる。
・気候変動より幅広く、持続可能な発展への議論のきっかけとなる。
・日本ならびに国際社会が低炭素社会を目指すようになる。


==============
以上。

ということで、持続可能な社会を創るために今年は気候変動に注力していきましょう!!


(ごいち)
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-04-13 12:06 | 京都の約束
<< なぜ行動するのか 国会レポート(その1) >>


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧