京都の約束プロジェクト



国会へ「お願い」第1弾を届けます!

f0129387_147506.jpg


国会も終盤戦、メディアもすでに参院選モードです。

しかし、
個人や企業が削減を進めるためには、国の制度を早く打ち出す必要があるのですが、
“排出量を大きく減らすための政策”についての議論は、盛り上がっていません。

サミットで、2050年までに世界全体で半減するとの方針を出したにも関わらずです。
このままでは、参院選の争点にはあがらず、温暖化についてのしっかりとした政策が出されないまま、選挙が終わってしまう恐れがあります。

そこで、
京都の約束プロジェクトの存在を、早いタイミングで知っていただく企画を、急きょ立ち上げました。
京都の約束で集まった“お願い”の状況を議員に報告するのです。
国内に、これだけ温暖化について真剣に向き合い、しっかりとした政策を求めている人たちがいることを、伝えようと思うのです。
「国民は、しっかり見ていますよ!!」と。

6月20日16時に
参議院議員会館第四会議室に各政党から議員を招いて、
各政党の温暖化対策案の説明をしてもらって、
“お願い”の途中経過を渡します。

一般の方の参加も可能です。
是非、私たちの思いを直接、議員に届けましょう!!



以下、ご案内。
============================

《パブリックリリース》京都の約束中間報告会

「京都の約束を守ろう!」
CO2排出量の少ない社会を築く制度のお願い”を国会に届けます。


6月20日16:00~16:40
参議院会館 第4会議室

主催:京都の約束プロジェクト
   http://kyoto-yakusoku.jp


「国民一人ひとりが持っている地球温暖化への危機感」
「CO2排出量の少ない社会を築く制度の必要性」
の“お願い”を国会に、実際に議員に手渡しします。


【参加申し込み】
info@kyoto-yakusoku.jpまで
氏名、職業、Eメールアドレス、当日連絡先(ケータイ)をお知らせください。
こちらから参加可否をご連絡いたします。
※一般の方の定員は、40人となっています。


============================
以上。
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-06-14 14:09 | 京都の約束
<< 「ツバルに生きる一万人の人類」... 温暖化が引き起こしている紛争 >>


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧