京都の約束プロジェクト



JCCCA代表 大木浩さん(元環境大臣)からメッセージ

大木さんは、京都議定書の生みの親とも言える存在です。
環境庁長官時代に地球温暖化防止京都会議(COP3)の議長を務めました。
(その後、環境大臣にもなりました。)
現在はJCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)の代表です。

f0129387_1552869.jpg


関係者に話を聞くと、それはもう、すさまじい交渉だったようです。
各国が様々な主張をし、会議最終段階になっても、議論はまとまらず、アメリカからゴア副大統領が来日するなどして、激しいやりとりが続きました。

最後は、時間切れになる中で、会議場の時計の針を止めて会議を深夜まで延長し、やっとの思いで京都議定書が生まれました。
世界各国が初めて、数値的な削減目標に合意した瞬間です。


その後、米国が離脱し、日本もマイナス6%どころか、現在プラス7.8%で、このまま行くと、削減義務を達成できそうにありません。

今こそ、1997年12月11日の初心にかえって、確実なCO2削減に何とか方向転換したいものです!


大木さんは、今のままでは日本が削減義務を達成できない、経済的措置が不可欠と指摘し、国会での有効な立法措置を要請しています。

メッセージ抜粋
「現状では義務達成の体制が出来上がっていません。
この状態から脱却するためには全国民を対象とする経済的措置が不可欠であることは、過去10年間の議定書達成計画の実績が示すところであり、又類似の経済的措置は既に大半のヨーロッパ先進諸国や米国の幾つかの州・地方自治体で実施されています。
今こそ日本の国会においても有効な立法措置をとり、京都議定書の確実な目標達成をはかるように要請いたします。」


大木さんメッセージ全文


また、その数日後に、環境文明21の共同代表である加藤三郎さんからもメッセージをいただきました。


加藤さんは、昭和46年の環境庁発足の年から環境庁に入り、その後要職を歴任されました。
地球規模の環境問題が顕在化して、平成2年に環境庁に「地球環境部」ができたとき、加藤さんは初代の地球環境部長になった方です。

政府の中で温暖化を担当していた加藤さんが、今の、政府の各省バラバラの議論では、温暖化を止める政策決定はできない、国会での決断を迫っています。

メッセージ抜粋

「日本の温暖化対策には、排出規制も税も取引制度もなく、決定的に遅れを取ってしまった
EUに遅れただけでなく、アメリカにすら遅れそうな気配だ。
もはや、対策を真剣に議論し、政策を決定する場を国会に求める他ない。」


加藤さんメッセージ全文


(K)


ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-06-24 15:46 | 京都の約束
<< 自民党にも中間報告してきました。 (速報)各政党に「お願い」第1... >>


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧