京都の約束プロジェクト



環境省・経産省の審議会の中間報告へ意見してみては?

8月10日には、環境省・経済産業省の合同審議会が、京都議定書目標達成計画の見直しに関する中間報告を出しました。

京都の約束プロジェクトが求めている、経済的な制度については、

【排出権取引】
賛成意見、反対意見の両論を併記した上で、「総合的に検討していくべき課題」


【環境税】
「国民、事業者などの理解と協力を得るように努めながら、真摯に総合的に検討を進めていくべき課題」


このように、記載されていますが、政府は、例えば、環境税について「国民への理解と協力を得る」ことをしているのでしょうか?

家庭での省エネなどエコライフの推進は、いろいろなところで協力を呼びかけていますが、環境税によるコスト負担については、協力を呼びかけているとは思えません。

京都の約束プロジェクトの15000を超える方の声があります。

また、最近の世論調査では、国民の温暖化への危機感が急上昇しています。
■温暖化危機感に関する世論調査
 9割の人が温暖化への危機感を感じている。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=1040&wv=1&typeFlag=1


いつまでも検討していては、間に合いません。

まだ意見募集していないようですが、今後、国民からの意見募集が行われると思います。
ぜひ、皆さんのお考えを意見してみてはいかがでしょうか。
今後、以下のホームページに意見募集の案内が掲載されると思います。

○環境省ホームページ http://www.env.go.jp/info/iken.html
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-08-15 20:51
参院選までの“お願い”総計 1... >>


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧