京都の約束プロジェクト



カテゴリ:海外の動向( 5 )


地球温暖化対策は、とても重要な経済政策です。

5月27日のフィナンシャルタイムズ紙で興味深い記事が掲載されていましたので、ご紹介します。
http://www.ft.com/cms/s/8d96e53e-0d36-11dc-937a-000b5df10621.html

以下、記事の要約です。(緑字)

環境経済学と政策に関わる研究誌である、Journal Review of Environmental Economics and PolicyにおいてEUの排出量取引制度(EU ETS)が、気候変動対策として最も優れた制度であり、今後の地球全体の気候変動政策の中心となるであるとの報告がされた。この報告を行ったのは、マサチューセッツ工科大学のDenny Ellerman教授などの著名な経済学者グループ。

報告の中では、この制度の最も優れた点は、強制的な排出規制が広範な規模にわたって適用され、多数の国と企業が対象となる点にあるとされている。特に、世界全体の温室効果ガス排出量の約20%(EU全体の半分)が対象となる点が評価されている。

この制度では、エネルギー消費量の多い産業は排出規制が課せられ、規制された量以上の排出をする企業は外部から排出する権利(排出権)を購入する必要がある。昨年の春、排出権供給量が多いことが判明し、排出量価格の暴落を招いたが、EUETS制度開始1年目の高い排出権価格は企業の排出量削減に寄与したものと思われ、その削減率は7%に及んだとしている。


日本では、このような排出量取引制度は、産業界および経済産業省からの強い反対もあり、未だに具体的な制度導入の議論が開始されていません。国が排出制限を課せられ、その制限がこれから強化されることが予想されるなか、企業レベルの排出規制がされないという状況となっています。

一方で、EUでは、その適用範囲を、運輸(飛行機、自動車、船舶)に広げる方向で検討が進んでおり、その規模はさらに拡大される予定です。CO2排出量の少ない社会に向けた道筋が、次々と打ち出されています。

日本では、このような制度への反対意見として、エネルギー消費量に制限をかけることで、経済成長が阻害される、との主張がされています。しかし、見落としてはいけないのは、この制度は、コスト効率よく排出量を削減していくための制度として導入されている点です。排出削減のためのコストが安い企業が積極的に排出量を削減し、排出削減が難しい企業に排出量を売ることによって、経済全体として排出量を削減するためのコストを最も小さくできるからです。

排出規制をどのように公平に設定するかなど、運用が難しい点はあります。しかし、EUのように先行して制度を導入していくことによって、政府は制度設計のための知見が蓄積されていきますし、企業としてもCO2排出量規制が設定される経済の中での経営にいち早く適応することができます。逆に言えば、EUからは、このように他国に先行した制度を導入することで、「新しい社会(低炭素社会)に向けたリーダーシップをとっていこう」、「企業に対してその道筋をしっかりと見せていこう」という強い意図が見えます。

21世紀において、世界的に大幅にCO2排出量を削減していく方向性はほぼ固まりつつあるといって間違いないでしょう。そのような方向性が定まりつつある今、その方向への「道筋」を素早く設定する必要があります。そうしなければ、日本国内の排出量を減らすことが難しいだけでなく、新しい社会に適応した経済制度の導入の遅れにつながりかねません。そして、排出削減が遅れれば遅れるほど、将来の削減量が大きくなり、今の若い世代や後の世代が、より多くの削減コストを負担しなければならなくなります

地球温暖化問題は、極めて重要な経済問題、そして世代間格差の問題でもあるのです。そして、温暖化対策のための制度は、同じく重要な経済政策であるのです。

(よういち)
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-05-29 17:43 | 海外の動向

ハイブリッドタクシー

NY市内のタクシー、ハイブリッド車に転換へ
【出所】2007.05.23 CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200705230017.html

ニューヨーク──ブルームバーグ米ニューヨーク市長は22日、
環境対策の1つとして、市内のタクシーを5年以内に
ハイブリッド車に転換すると発表した。


ニューヨーク市内ではここ1年半、トヨタの「プリウス」「ハイランダー」、
フォードの「エスケープ」など、約400台のハイブリッド車がタクシーとして
試験導入されてきた。市長の計画に基いて2008年10月をめどに、
ハイブリッド車タクシーの台数を1000台まで引き上げる。
その後12年まで毎年20%の割合で増やし、
現在1万3000台とされる市内のタクシー全車をハイブリッド車に切り替えていく。


ブルームバーグ市長は2030年までに、同市の二酸化炭素排出量を
30%削減する目標を掲げており、タクシーのハイブリッド車転換は
その達成を目指す具体策の1つ。タクシー車両は業界団体の規則に基き、
通常3─5年で新車に切り替わるため、全車のハイブリッド車転換は
不可能ではないとみられている。

(以上記事参照)
--------------

ハイブリッドタクシーはNYだけかと思ったら
実は日本でも。六本木ヒルズには、ハイブリッドタクシーが10台
配置されているそうです。タクシーには出来れば乗らないのが
CO2排出量がなくていいのですが、乗るときにももっと
選択出来るようになるといいと思いました。

(参照)
http://www.nihon-kotsu.co.jp/release/051101.html
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-05-25 01:05 | 海外の動向

ノルウェーは2050年までにカーボンニュートラルを目指す

ノルウェーのストルテンベルグ首相はこのほど、
2050年までに国全体でカーボンニュートラルを目指す方針を発表したとのことです。
この一貫として、2020年までにCO2排出量を30%削減します。
与党・労働党の党大会で演説し、新たな気候変動対策を発表する中で明かしたものです。

具体的には、
(1)京都議定書で定められた削減義務に基づく、
2012年までの温暖化ガス排出量10%削減、
(2)2020年までの排出量30%削減、
(3)ノルウェーの温暖化ガス総排出量相当量を国内外で2050年までに削減
という3段階で排出削減を進めるとのこと。
同首相は、気候変動対策と貧困対策の相互関係も強調しました。
ノルウェー政府も2020年までに温暖化ガス排出量を30%削減することに合意しました。

ノルウェーはこの取り組みにより、世界の気候変動対策をけん引し、新たな気候変動対策の枠組みづくりでリーダーシップを発揮したい考え。(日経エコロジー)

(出所)http://www.nikkeibp.co.jp/news/eco07q2/532486/

WBCSDなどでも、このニュースを掲載しています。
http://www.wbcsd.org/plugins/DocSearch/details.asp?type=DocDet&ObjectId=MjQ0NDM
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-05-25 00:58 | 海外の動向

朝日新聞(温暖化特集)

朝日新聞が温暖化で特集を組んでいます。低炭素社会に大きく舵を切り始めた欧州。
長期の温暖化対策の戦略が見えない日本は、今後、ビジネスという面で欧州に大きく出遅れる可能性があります。

# 「先頭に立つ」強い意志 脱温暖化社会へ 欧州の挑戦・5写真付き記事(05/11)
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705110200.html
# 削減負担、各産業に分散 脱温暖化社会へ 欧州の挑戦・4(05/11)
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705110193.html
# 相殺でCO2ゼロ目標 脱温暖化社会へ 欧州の挑戦・3(05/11)
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705110189.html
# 市民も潤う太陽光発電 脱温暖化社会へ 欧州の挑戦・2写真付き記事(05/11)
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705110187.html
# 株のように排出枠売買 脱温暖化社会へ 欧州の挑戦・1写真付き記事(05/11)
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705110184.html

(Y)
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-05-15 07:54 | 海外の動向

カナダ、京都議定書の目標断念

カナダのメディアなどによると、同国の保守党政権は29日までに
地球温暖化防止のための京都議定書で定められた
温室効果ガス排出削減目標の期限内達成を断念すると表明したそうです。

議定書に批准した主要国のうち目標達成をあきらめるのは
カナダがはじめて。

この理由というのは、カナダは議定書で、2012年までに
温室効果ガス排出量を1990年比6%削減するよう義務付けられていますが、
現段階で同30%増加しており、目標達成は不可能と判断したということ。

ベアード環境相によると、同国政府は今回、これまでの目標を見直し、
2020年までに現在に比べ排出量を20%削減する目標を設定。
同議定書の目標から大きく後退する内容となりました。

他国の追随がないよう祈るばかりです。
ダメでも最後まで努力してみるというのは、日本人の感覚なのでしょうか?
でも、日本はやはり京都議定書の提唱国なので、最後まで頑張りたいですね。

【出所】時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007043000104
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-05-01 23:06 | 海外の動向


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧