京都の約束プロジェクト



<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


祝・サイトオープン

サイトオープンしました。
さぁ、安心して暮らせる未来、脱温暖化社会を実現させることを国会議員に“お願い”しましょう!!

京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会議員に届けるプロジェクトです。

このブログでは、本プロジェクトの状況報告や国内外の気候変動に関する最新情報を書いていきます。なので、是非週に1回はCHECKプリーズです!!

みなさん、よろしくお願いします。
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-03-10 03:46 | 京都の約束

IPCC第4次報告書WG1の概要

温暖化の基礎知識として、政治決定における一番の科学的よりどころになっているIPCC報告書(第1作業部会、第4次報告書)の概要です。

〔これまでの観測結果〕

・最近12年間のうちの11年は、1850年から現在までの間で最も暖かかった。
・1906年から2005年に観測された気温上昇は、0.74度である。
・20世紀中の海面上昇は、推定0.17メートル。1961年から2003年における全球平均海面上昇は年間1.8ミリメートル。
・世界各地で、大気中の水蒸気の増加とともに、豪雨現象が増加している。
・一方で、1970年代以降、特に熱帯と亜熱帯をはじめとするより広い地域で、より激しく長期にわたる干ばつが観測されている。
・20世紀半ば以降に観測された全球平均気温の上昇は、人為的な温室効果ガス増加による可能性がかなり高い(90パーセント以上)。

 〔将来の予測〕

・今後も現在のペースで温室効果ガス(二酸化炭素など)が排出し続けられれば、20世紀に観測された以上の温度上昇と、様々な変化が21世紀中に発生する可能性がかなり高い(90パーセント以上)。
・化石エネルギー中心の社会では、2100年までに4.0度(2.4~6.4度)の気温上昇、0.28~0.58メートルの海面上昇が予想される(1980-1999年レベルと比較して)。
・環境保全と経済発展を地球規模で両立する社会では、2100年までに1.8度(1.1~2.9度)の気温上昇、0.19~0.37メートルの海面上昇が予想される(同)。


なお、この概要はオーマイニュースでも取り上げられた、というか僕が記事書いたので、紹介しまーす。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005076

以上。
[PR]
by kyoto-yakusoku | 2007-03-01 03:45 | IPCC


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧