京都の約束プロジェクト



選挙前に改めて考える、「なぜ、いま制度の導入」か?

「2007年度中に、CO2の削減効果のある制度を導入すること」
について、皆様の“お願い”を集めることが、京都の約束プロジェクトの活動です。

参院選が近づき、政策論争も熱を帯びてきました。
改めて、なぜ今制度の導入が必要なのか、ということについて整理したいと思います。


■気候変動が顕在化してきた。
 これは、詳しく話すまでもありません。世界中で洪水・干ばつ・熱波などの被害が出ています。日本でも身近に感じるようになってきてしまいました。


■京都議定書の達成が困難になる。

 京都議定書で定められた温室効果ガスの削減量は、08年~12年の5年間の平均値で90年比マイナス6%削減しなければなりません。ちなみに、05年の排出量は90年比+7.8%だったので、目標値よりも14.8%(=約1億7千万トン)多いことになります。
 仮に、08年、09年という約束期間の前半に、今のレベル(+8%)が続くと、11年、12年には、90年比でマイナス20%~30%という削減が必要になり、達成が極めて困難になります。

■莫大な財政負担(税金の無駄遣い)の懸念がある。 
実質的な削減が進まなくても、約束を達成する手段はあります。CO2排出権を海外から購入してくることです。安倍総理は、
「日本は京都議定書を確実に達成する」
と言っていますので、実質的な削減が進まなければ、他国から購入してくることになります。
 日本の排出量の10%(約1億3千億トン)を他国から購入しようした場合を考えます。現在、CO2の価格は、安く見積もっても、1トン1,000円程度です。
    1億3千億トン × 1,000円/トン = 1,300億円
必要になります。将来、需要が供給を上回わり、CO2の排出権は高騰する可能性も十分あります。「2050年に世界全体でCO2を半減を真剣に検討」というG8サミットでの合意を考えれば、今後需要が減ることは考え難いです。むしろ、現在の価格より高くなるという見方をする方が強く、1トン3,000円程度になるのではないかと予想する人も多いです。(その場合、上記の計算結果は、3,900億円となります。)
 もちろん、この購入費用は、税金から支払われます。毎年1300億円~3,900億円の大金をどこから捻出することになるのか、CO2削減は、我が国の財政問題でもあります

■途上国が削減約束をしなくなる。
 現在、世界のCO2排出量のうち、途上国からの排出量は約5割であり、今後、人口増加及び経済成長により、その割合は増加の一途を辿ることが予想されています。
過去10年以上にわたる気候変動の国際交渉において、途上国は、
「地球温暖化は、先進国の責任である」
と主張してきました。この主張は、国連気候変動枠組条約においても、先進国により重い責任をおく「差異ある責任」として規定されており,、一定の正当性があると言えます。

 米国、カナダ等が京都議定書から離脱又は達成困難という状況の中で、仮に日本が京都議定書の目標を達成できなければどうなるでしょうか。2013年以降、排出量が急増している中国、インドに対して排出削減を課すこをていますが、日本の達成が危うい場合に、中国・インドが自ら進ん削減する枠組みに入るとは考えにくいです。日本の京都議定書の目標の6%は、世界全体からみれば、1%以下ですが、国際的な取組を促す意味で、大変大きな意味を持っています。


■企業の国際競争力が低下する懸念
 EUは、長期的にCO2削減目標を明示し、市場に低炭素制度を組み込み始めています。
近い将来、CO2に価格がついたとき、低CO2のモノ・サービスの国際競争力が高まります。
実際、再生可能エネルギーの市場拡大による新しい産業分野が、金融・経済分社での注目され始めています。そして、現実に、2005年にはそれまで太陽光パネルの生産で1位だった日本は、市場を低炭素化し始めているドイツに抜かれました。
 さらに、「いつまでに、どの程度CO2を削減すべき」ということを、早急に事業者に明らかにしないばかりに、多くの事業者が、省エネ設備等への投資を控えることになりかねません。



以上のように、今すぐに制度導入をしなければ、気候変動の進行はもちろん、
 ・財政
 ・外交
 ・産業競争力

への大きな影響が生じることが懸念されます。
いつまでも「検討しています」だと、手遅れになってしまいます。
既に手遅れ、という声が聞こえてきそうですが、あきらめずに制度導入の実現のために、活動を進めて参ります!


ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
# by kyoto-yakusoku | 2007-07-23 20:00 | 京都の約束

総理官邸で塩崎官房長官に“お願い”しました!

「若者も政府もチャレンジします!!」
ということで、今日は、総理官邸で塩崎官房長官と懇談してきました。

京都の約束プロジェクトの中間報告と言うことで、私たちから京都の約束プロジェクトや寄せられた多くの声を紹介するとともに、1万人を超える方々からの署名を塩崎官房長官に手渡しました。
また、私たちは政府が進めている1人1日1kgのチャレンジ宣言をして、日常生活での取組を推進し、周りの人にもエコライフを進めていくことを約束しました。


そして、塩崎官房長官には、政府としてのチャレンジ宣言をしていただくよう、お願いしました。
その項目は、ただ1つ!
「政府が経済的インセンティブの制度導入について検討し、京都議定書を確実に達成する」
しっかりと、このチャレンジ宣言にサインをいただき、政府もチャレンジしていくことを約束してくれました。

f0129387_23274485.jpg


代表の川島から、
「私たちは日常生活での取組を頑張って行うので、政府も制度導入について前向きに検討してほしい。一緒に頑張りましょう」と言うと、

塩崎官房長官は、
「若い人たちがこのような活動をしてくれることは、良いこと。政府では、環境族と商工族との間で毎年環境税などに対して不毛な(平行線の)議論を繰り返してきた。そうではなく、日本がしっかりと国際的なリーダーシップをとるために、できることは全部やっていくことが必要だ。」とのこと。
「世界のリーダーシップをとるのだから、京都議定書はもちろん、確実に達成する」
という力強い言葉をいただきました。

市民と政府がともに、温暖化解決にむけて進んでいくという姿が、ほんの少しでも実現したことに感動しました。


f0129387_2320060.jpg


Yahoo!トピックスでも掲載されています→(リンク)。

しかし、もちろん、これがゴールではありません
京都の約束を守り、地球温暖化防止に向けた長い道のりに向けたスタートラインに立つための一歩に過ぎないのだと思います。
これから、もっともっと多くの声を集め、政府や市民へ届けていかなければなりません。
そして、その声を制度と行動という「形」にしていかなければならないのです。

もちろん、来週末の参議院選挙まで、「お願い」は集めていきます。
政府や各政党への最終報告も予定しています。

ひとりでも多くの方の「声」が、より大きな力となり、新しい社会への動きを後押ししていきます。
ご家族、恋人、ご友人、より多くの方に、「お願い」の存在をお知らせいただけないでしょうか。
温暖化防止に向けて、ご協力をお願いします!!


ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
# by kyoto-yakusoku | 2007-07-20 16:52 | 京都の約束

若者達へのメッセージ(国連環境計画 末吉竹二郎さんより)

末吉竹二郎さんから、京都の約束プロジェクトへメッセージを頂きました。

末吉さんは、三菱銀行の取締役、日興アセットマネジメント副社長を経て、現在は国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の特別顧問として、地球温暖化問題をはじめとする環境・社会問題への、金融やビジネス界の取り組みを推進する活動を進められています。その一方で、TBSの「ブロードキャスター」や「みのもんたの朝ズバッ!」のコメンテーターをされるなど、各方面でご活躍中です。

今回、末吉さんからは、特に若い人たちへ向けたメッセージを頂きました。
地球温暖化問題について、「若い人たちこそアクションを起こして欲しい!」という末吉さんのメッセージは、京都の約束プロジェクトメンバーの想いと、強くつながります。


以下、末吉さんからのメッセージです。

若い人たちへの最大のメッセージは、「自分達の将来を、自分達の手に取り戻そう!」ということです。

これまで、社会のあり方、つまり政治や経済といったものは、その時々のシニアの人たち、エスタブリッシュメントが決めてきました。
そして、若い人たちはそれを「既に決まったもの」として受け止めて生活をし、年をとるに従って次の世代を巻き込む社会を作っていく、そういう流れでした。

ところが、温暖化問題については、従来とはまったく違う状況が起きています。
それは、大人たちに全てを任せているだけでいると、若い人たちは自分達の世界が壊される、そういう状況になっているということです。
大人たちは、今の彼ら自身のことを考えて行動しているわけですが、それが子供たちの将来、さらには次の世代の世界を壊し始めている、そういう状況になっているのです。
これは、人類の歴史で始めてのことです。

まず、大人も子供も、そういう状況におかれていることを、早く気づいて欲しいと思います。
そして、若い人たちは、「そういうことでは困る!」と早く意思表示をして欲しい。
その意思表示のための手段として、「政治を変えよう」という活動に参加することは、当然の行動だと思います。
政治を変えようという行動、投票行動で示すといった行動はもちろんのこと、消費行動を変える、ビジネスや働く場での行動に反映させるなど、さまざまな場面で行動を起こして欲しいと思います。

目先のことばかりを考えていれば良い時代は過ぎた、そう考えなければいけません。
10年先、20年先、もっと先のことを考えながら、行動しなければいけない時に来ているのです。
「私たちは新しいライフスタイルを作っていく!」という自らの意思を示し、新しいスタートラインに立って欲しいのです。
もちろん、日本の中での横の連帯感、さらには、アジアなど世界の人たちとの横の連帯感というのを持つことも大切です。
若い皆さんには、自分達と上の世代との問題としてだけではなく、今の子供たちの世代、さらには後の世代のことを考え、ぜひ、共に「新しい社会」を創っていって欲しいと思います。


f0129387_10241966.jpg


最後に、末吉さんから、このような言葉を紹介いただきました。

“Manage your destiny, or someone else?”
直訳すると、「自らの運命は自ら管理しなさい、そうでなければ人がやりますよ。」となります。

20年先、30年先は、まさに、私たち自身の未来です。
その未来を、人の手に委ねているだけで、良いのでしょうか。

地球温暖化への不安や危機意識を心にとどめているだけでなく、私たちや後の世代の未来を守るために、想いを共有するたくさんの人たちと共に手をとりあって、行動していきましょう!

森 洋一



ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
# by kyoto-yakusoku | 2007-07-17 10:39 | 京都の約束

台風の影響により15日の街頭署名は中止です

お世話になっている皆様、報道関係各位

7月15日桜井町駅前(横浜市)で予定していた街頭署名活動は、台風の影響により実施が困難と考え、中止することと致しました。

京都の約束プロジェクトとしてもとても残念です。

今回の台風は7月に日本に上陸したものとしては、観測史上最大とのことです。

これが地球温暖化に伴う気候変動の影響かどうかわかりません。
しかし、東アジアの海水温は、上昇しており、それが台風の強大化に影響していると考えられます。
こういう日常的な気候の変化は、敏感に感じとっていきたいものです。

京都の約束プロジェクトでは、引き続き、参院選までに10万人の方からの“お願い”を目指して活動してまいります。
(国会への“お願い”のページは、こちら。)


引き続き、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
# by kyoto-yakusoku | 2007-07-15 09:06

2007年参院選 各党の温暖化対策マニフェストを比較!

いよいよ参院選が12日に公示されます。

京都の約束プロジェクトでは、各政党のマニフェストのうち、温暖化関連部分について比較しました。
 →マニフェスト比較のページへ

比較表も作っていますので、ぜひ、見てみてください!
 

京都議定書を守り、低炭素社会の構築に説得力のあるのは、どの政党か。

一人一人の方が判断してほしいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。このボタンをクリックいただければ幸いです。
人気blogランキング にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
# by kyoto-yakusoku | 2007-07-10 23:21 | 国会議員、政党の動向


京都の約束プロジェクトは、地球温暖化を止めたい、そのための国内対策の制度をつくって欲しいというあなたの “ お願い ” を国会に届けるプロジェクトです。
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
エコライフ、スローライフ..
from 老仁のハッピーライフ
DO IT !エコライフ..
from 老仁のハッピーライフ
■郵便局でも投資信託
from グロソブ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧